芸能人地図帳のコラム


BSに加入していれば無料で見られるDlifeというチャンネルでは、
アメリカのドラマが多数放送されています。
サスペンスなどのドラマもありますが、
私が特に気に入っているのが、コメディー・ドラマです。
「ジェシー!」「うわさのツインズ リブとマディ」
「ブログ犬 スタン」「天才学級アント・ファーム」と言ったものが放送されていて、
観客の笑い声が入っているような、ドラマです。

このタイプのドラマの中でも特に好きなのが、
「オースティン & アリー」です。
全編に笑いが散りばめられていますが、
このドラマのテーマに音楽があって、
すごく物語を盛り上げてくれています。

主演の、ロス・リンチ(Ross Lynch)さんは、ロックバンドのメンバーであるなど、
アメリカでは人気の役者さんのようです。

良い味を出しているデズ役はケイラム・ワージー(Calum Worthy)さん。
トリッシュ役はレイニ・ロドリゲス(Raini Rodriguez)さんです。

アリー役はローラ・マラノ(Laura Marano)さん。
このローラ・マラノさんは日本版のTwitterも開設しています。
ただ、英語でのツイートとなっています。
ローラ・マラノさんの日本版Twitter ローラ・マラノさんのアメリカ版Twitter
アメリカでは、シーズン4が放送中ということで、ドラマも人気なんですね。
これからも楽しみにしています。

この記事のURL http://www.geichi.com/column/3731

7月1日放送の歴史秘話ヒストリアが面白かったです。
今回は「漱石先生と妻と猫」というテーマで特集されていました。

夏目漱石の妻・鏡子は天真爛漫でおおらかな性格だったそうです。
今で言うとちょっと天然が入った女性だったようです。
鏡子は夏目漱石のもとに嫁いだ時に、
勉強があるから、「お前になんかかまっておれん」と言われたそうです。
このことからわかるように結婚当初は夏目漱石は「明治の男」という感じだったようです。

その後、鏡子は流産を経験。
そのことで鏡子は幻を見るようになってしまったそうです。
鏡子の入水事件が起きてしまいます。

放っておくとどこかに行ってしまうので、
漱石は鏡子と自分をひもで縛っていたようです。
このことは鏡子は漱石の愛情を感じる出来事でした。

東京帝国大学を卒業した漱石は国からイギリス留学を告げられます。
2年間留学していたそうですが、
そのあいだに漱石は、「文学とはなにか」というような
問に思い悩んでしまい病んでしまったようです。

今から帰国した漱石は人格が一変。
家族に冷たく当たるようになってしまいました。
漱石を心配して医者に相談した鏡子は「病気です」といわれます。

おかしい言動が病気だと知った鏡子は、
自分が支えてていく、と決心したようです。

その後、家にあらわれるようになったのが黒猫です。
この猫が「吾輩は猫である」のモデルとなった猫です。
漱石はこの猫によって癒やされた部分もあったようです。

その後、漱石は大病を患います。
それ以来家族につめたく当たるようなこともなかったようです。


番組の内容は以上のような感じだったのですが、
知らないことばかりですごく面白かったです。
番組では、漱石の思い出 (文春文庫)
という本から
エピソードが引用されていました。
この本も読んでみたいです。

「ヒストリア」というと再現ドラマのような映像がおなじみですが、
今回は、大塚千弘さんと柏原収史さんが登場していました。

大塚千弘さん(昔は、大塚ちひろさんでしたね)と言えば、
ファースト写真集の



この画像の印象がすごく強いのですが、
今ではすっかり大人の女優さんですね。
最近は、映画や舞台などで活躍されているようです。

大塚千弘さんの公式ブログには、
「ヒストリア」の時の画像も出ていました。
鏡子をとっても素敵に演じていて、引きこまれました。
今後もいろいろな番組で、大塚千弘さんを見てみたいです。

「ヒストリア」は歴史の勉強になるので、
見ると絶対に、「見てよかった」と思う番組ですね。
再放送もあるそうです。

この記事のURL http://www.geichi.com/column/3721

1月3日に放送していましたが、
BSジャパンの「聞きこみ!ローカル線 気まぐれ下車の旅」の傑作選ベスト5が
放送になっていました。

先のWEB投票で「もう一度観たい放送回」のリクエストを募っていて、
その上位の回ベスト5が1月3日に放送されました。

ホームページで発表していた投票の結果は以下の通りです。

1位 青森県・津軽鉄道の旅 (清水宏保さん・村井美樹さん)
2位 島根県・一畑電車の旅 (渡部陽一さん・IMALUさん)
3位 岐阜県・長良川鉄道の旅 (渡部陽一さん・澤山璃奈さん)
4位 高知県・土佐くろしお鉄道 中村線・宿毛線の旅 (田中要次さん・江口ともみ

さん)
5位 熊本県・南阿蘇鉄道の旅 (田中要次さん・萩原智子さん)

青森県・津軽鉄道の旅が1位に輝きました。
男性は、渡部陽一さん、田中要次さんの回が人気だったようです。

1月3日はお昼ぐらいから、番組を見ていました。
前に見たことがある回でも、忘れているところもあって楽しかったです。
お正月にリラックスした時間を過ごせました。

今年も番組が楽しみです。

この記事のURL http://www.geichi.com/column/3690

毎週月曜日に放送中のBSジャパン「きこみ!ローカル線 気まぐれ下車の旅」がすごく面白いです。

この番組は毎回二人の旅人が登場します。
ローカル線に乗ってスタートです。地元の人がおすすめするスポットをアポなしで 10個見つけるのが旅のノルマ。
一泊二日の旅ですが宿探しも自分たちで行います。

これまでに番組に登場したのは、男性芸能人は今井雅之さん、尾木直樹さん、 林屋三平さん、田中要次さん等、
女性芸能人は浅田舞さん、澤山璃奈さん、鈴木あきえさん、村井美樹さん、にしお かすみこさん等。

知らない土地に出かけた時のドキドキ、ワクワクした感じを味わえる事や、他の番 組では、あまり見かけない名所、ローカル線の駅や周辺が見られるのが番組の魅力だと思います。

また旅人の皆さんのキャラクターを見られるのも楽しいです。
毎週新作が放送になるのも嬉しいところです。

オープニングなどで流れるシェリル・クロウさんの
「イフ・イット・メイクス・ユー・ハッピー」もイントロからかっこ良くて
良いですね!


これからも楽しみにしてます。
この記事のURL http://www.geichi.com/column/3689

前にちょこちょこ見ていたのですが、

録画しておいたドラマ「マジすか学園3」を最後までちゃんと見ました。



主演の島崎遥香さんをはじめ、松井珠理奈さん、入山杏奈さん、木﨑ゆりあさん、大場美奈さんら、

AKB48やSKE48のメンバーが出演しているドラマで

テレビ東京系で放送されたものです。



最初にこのドラマを見た時に、

お断りにあるように、「演技・・・」が・・・、

というところがすごく引っかかったのですが、

それが逆に印象に残ったのか・・・、

最後まで放送を楽しみにしていました。



このドラマに出ていたメンバーが

AKB48でも新たにピックアップされているのか、

最近の音楽番組でよく見かけるようになりましたね。

「あ、パルだ」とか「アンニンだ」と私はAKB48メンバーには、

あんまり詳しくなかったのですが、

このドラマを見るとすごく気になって来ました。



ドラマの中では「殺す」とかいうセリフが出てきたり、

狂気的な部分も結構描かれているので、

バイオレンス度が結構高め。

アイドルの女の子が演じるのは結構大変だったのは、と推測します。



普段は、バイオレンスが高いものはあまり好まないジャンルだったのですが、

「演技が・・・」の部分があったので、

逆にそれが緩和剤のようになって見ていても怖さが軽減されて、

見やすくなりました。



「マジ」がキーワードになっていますが、

人が「マジ」で何かをがんばっている姿は心動かされますね。

アイドルの子が一生懸命にがんばっているから、感動して

ファンになるのかもしれませんね。

男子が見るとこれらのメンバーのファンになるのではないでしょうか。



結構良いドラマでした。



このドラマの中心メンバーがこれからのAKB48の中心メンバーになっていくのでしょうか。

今後の活躍も期待されますね。


この記事のURL http://www.geichi.com/column/3393

page1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47