深田恭子さんの言行録
「チューボーですよ!」より(2011/10/15)

キーワード「深田恭子」をAmazonで検索してみると・・・
芸能人地図帳 深田恭子さんのプロフィール

【フジテレビオンデマンド】
フジテレビの過去の番組がネットで簡単に見られます! 1か月の間に解約すれば無料です!
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

今回は、ナスのグラタン。



街の巨匠は、 須賀隆幸さん、深田景さん、石神治さん。

VTRでナスのグラタンの作り方の技を紹介。



枡田絵理奈さん「今夜のゲストは、いろんなキャラクターを演じ分ける、 七変化女優さんです」

堺正章さん「七変化?」

枡田絵理奈さん「はい。お嬢様役から、専業主婦役、 そして、時代劇やセクシーキャラまで、 幅広いんです」

堺正章さん「セクシー・・・いいなぁ(笑)。 今日どんなキャラで入ってくるかな。 めっちゃ楽しみっ」

深田恭子さん「堺さん、深田恭子です。 よろしくお願いします」

堺正章さん「普通・・・」



米ナスを切るところから、早速料理開始。

ナスはi.5センチの厚さに輪切りします。



枡田絵理奈さん「そんな深田恭子さんは、 1996年、ホリプロタレントスカウトキャラバンで グランプリを受賞し、デビュー。 その2年後には『神様、もう少しだけ』で ヒロイン役を演じられ、芸能界で話題に。 また、来年の大河ドラマでは、 主人公・平清盛の妻役を演じることも決定している 深田さん。 まさに幅広い役柄を演じきる、女優さんでいらっしゃいます」

深田恭子さん「ありがとうございます。嬉しくなっちゃう」

堺正章さん「恭子ちゃんは、あれですか、好きな食べ物というか」

深田恭子さん「私は焼き鳥が大好きなんですよね。」

枡田絵理奈さん「えっ?なんか意外ですね」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「何がお好きなの?」

深田恭子さん「砂肝が(笑)」

枡田絵理奈さん「意外ですね。なんだか」

深田恭子さん「私は、シャンパンと焼き鳥の組み合わせが 大好きで」

枡田絵理奈さん「へー」

堺正章さん「ちょ、ちょっと待ってください」

深田恭子さんが切っているナスの厚さに気づいた堺正章さん。

深田恭子さん「はい。・・・あれ?だめですか」

堺正章さん「あのね、これ車に付けて走ってるわけじゃないんだから」

深田恭子さん「1.5(センチ)って・・・」

堺正章さん「何、隠してんだよ。ちょっと」

スタジオ笑い。

深田恭子さん「もぉ・・・」

堺正章さん「もうちょい、これ太いよね」

枡田絵理奈さん「結構意外と豪快なところがあるんですかね?」

深田恭子さん「私、すごいせっかちで」

堺正章さん「会話しながらね、ちゃんとやってくれんのかなと思ったら、 やっぱりだめでしたね」

スタジオ笑い。

深田恭子さん「はい。難しいですね」

堺正章さん「料理の方はいかがですか?」

深田恭子さん「やりますね。」

堺正章さん「得意なものは?」

深田恭子さん「ひじき」

堺正章さん「ひじき?」

深田恭子さん「たくさんお休みの日に作っておいて、 で、あの・・・お仕事行く時とかに、 ひじきおにぎりにして、玄米と。 で、それを普段持っていってますね」

堺正章さん「ほぉ~、それは何か経済的にそういうた方がいいってことは・・・?」

深田恭子さん「(笑)」

堺正章さん「自分が作ったものをやっぱり持ってって食べたい?」

深田恭子さん「あ、あの・・・ひじきってこう、 お野菜とか、おんなじ大きさに切ったりとか、 その作業も楽しくて、なんかこう、 何も考えずに黙々とこう・・・、 ストレス発散になりますね。」

堺正章さん「ナスはどうしてこんなに大胆だったんですか?」

深田恭子さん「ナスは・・・(笑)」

枡田絵理奈さん「これ、結構高さがバラッバラなんですけど、 大丈夫ですか?巨匠」

堺正章さん「これをね、芸能界では個性というのよ」

枡田絵理奈さん「個性の集い(笑)」

堺正章さん「個性の集いだよね」

深田恭子さん「さすがです」

堺正章さん「どうもありがとうございます」



次は、トマトソース作り。



まずは、トマトソースの下ごしらえ。

ホールトマトをザルで水切りする堺正章さん。

堺正章さん「これちょっと振ってね、ちょんちょんちょんっと」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「振ると、まだ(水分)出ますよ。ちょんちょんちょん、 ちゃかちゃ、ちょちょんが~ちょん」

水切りをする深田恭子さんの動きに合わせて、

音を入れる堺正章さん。

深田恭子さん「(笑)」

堺正章さん「はい、ちょんちょん、このパターン好きかな?」

深田恭子さん「・・・・・・(笑)」

堺正章さん「どうもどうも」



堺正章さん「恭子ちゃんの、私生活?なんとなくこう、 謎っぽいイメージが」

枡田絵理奈さん「ミステリアスですよね」

堺正章さん「聞いていいですか?」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「貯金はどのくらい?」

深田恭子さん「(笑)」

堺正章さん「このパターン好きみたいですね。 あの、お休みの日とかは、どういうことしてやっしゃるの?」

深田恭子さん「ワンちゃんと遊んだりとか、いう感じですかね」

堺正章さん「お散歩をしたり?」

深田恭子さん「はい、お散歩したりします」

枡田絵理奈さん「イメージでいくと、なんか、 お家でゆったりと紅茶を飲みながら読書みたいな。 お家の中では何をしているんですか?」

深田恭子さん「お家だと・・・、全てのことを一斉にやろうとしちゃうんで、 お料理しながら、お酒の見ながら、 洗濯・・・、洗濯機回しながら、とか。 もう、短時間で全て済ましたいぐらいの」

堺正章さん「意外にせっかちなの?」

深田恭子さん「せっかちですね。すごく」

堺正章さん「なんか見た目は・・・」

深田恭子さん「効率よく」

堺正章さん「全然せっかちっていう感じがしないんですよ」

深田恭子さん「ドジですね」

堺正章さん「慌てもんだっていうことはさ、 なにか忘れてっちゃったりとか、 カギおいてきちゃったり、とか、 なんかつけっぱなしだったりとか、 そういうのないの?」

深田恭子さん「そういうところはないですね。 わりと、慎重・・・」

堺正章さん「三谷幸喜さんは、携帯電話っていって、 リモコン持って来ちゃったってことありましたよ」

深田恭子さん「あ~、あ、でも、よくテレビのリモコンで、 クーラーをやろうとしてたりっていうのはありますけど」

堺正章さん「そういうのを言いなさいよ(笑)」

深田恭子さん「すいません(笑)」

堺正章さん「そういうのを聞きたいのよ」

深田恭子さん「はぁ(笑)」

堺正章さん「他には何かある?」

深田恭子さん「あとは・・・、こないだのドラマの撮影中に衣装着てる時に、 その日はタッパ(タッパー)を持ってきていて、 それをゆすごうとして、水道のところで こうやってゆすいでたつもりだったんですけど、 ほんの一瞬、ぼんやりしちゃったんですね。 そしたら、こう・・・、タッパが水で反射しちゃって、 気がついたら、ここ(胸から下)がもう全部・・・(笑)、その・・・」

枡田絵理奈さん「衣装が(濡れちゃった)」

深田恭子さん「はい、そうなんです。 それで、どれだけぼーっとしてたんだろうと思って、 自分でびっくりしちゃいましたね」

堺正章さん「そういう時に、自分はそれを見て、 『ちょっと、ちょっと、バカでしょ私って』ってできる方? それとも、『なんてことをしてしまったんだろう』と 思ちゃう方?」

深田恭子さん「私・・・、大騒ぎで、『わ~!!どうしよう!どうしよう! どうしよう!どうしよう!どうしよう!』っていう大騒ぎですね、 わりと」

堺正章さん「・・・面白い方じゃないですか」

スタジオ爆笑。

深田恭子さん「えっ?ほんとですか?(笑)」

堺正章さん「いやいや、普通だと、なんか 『ダメだな』ってこうなっちゃうのかなと思ったら、 そっち行く?」

深田恭子さん「はい、『わー!大変だ!大変だ!わー!』って」



堺正章さん「こうやって、エプロンして、 お料理して、あと、横にいる人がいりゃあいいっていう、 感じ・・・。整ってるね」

深田恭子さん「どんどんお仕事が楽しくなっちゃって」

堺正章さん「あららららら、かわいそうな子」

深田恭子さん「(笑)」

堺正章さん「タイプは?」

深田恭子さん「草食っぽく見えるけど、 中身は肉食っぽい方がいいです」

枡田絵理奈さん「おー」

深田恭子さん「なんか意外性がある感じが」

堺正章さん「意外性が」

枡田絵理奈さん「深田さんは、恋をすると どうなっちゃうんですか?」

深田恭子さん「あんまりどうもならないかも しれないですね」

枡田絵理奈さん「あ、そう・・・あんまり周りから・・・」

深田恭子さん「自分あっての、(恋人は)その次みたいな。 自分がいて、ワンちゃんがいて、お母さんがいて、 その次でいいなら・・・」

枡田絵理奈さん「すごい!優先順位低いですね!」

堺正章さん「ワンちゃんより下なの?」

深田恭子さん「はい、もちろんです。」

枡田絵理奈さん「えー!?」

堺正章さん「男の人にしてみると、 ちょっとがっかりの順位だね」

深田恭子さん「そうで、そうかもしれないですね」

堺正章さん「ちょっと、ワンちゃん今日病院行くとかっていったら、 デートよりも、そっちがもう優先?」

深田恭子さん「いや、もちろんです」

堺正章さん「でも、結婚なんて全然考えてないんだ?」

深田恭子さん「そうなんです。全然考えてないんです。」

堺正章さん「あら。結婚はいいよ」

枡田絵理奈さん「新婚ですもんね。キョショーは」

堺正章さん「ちょっとね、このパターンは ちょっといいんですよ。今ね」

深田恭子さん「(笑)」



VTRで、「未来の巨匠」

飯田橋の「チェントルーチ」さんの、

市川靖晃さん



お店で、シェフをサポートする市川さん。

洗い終わった鍋を再び磨く市川さんに、

堺正章さん「すごいね」

深田恭子さん「はい」

さらに、雑巾がけなどをがんばる市川さんの姿が。



VTRのあと、

深田恭子さん「市川さん、これからもがんばってください。 期待してます」

堺正章さん「はい。恭子ちゃんに、そういう風に言われたら、 どれだけパワー持つか」

枡田絵理奈さん「うん」

堺正章さん「僕にも言ってくださいよ」

深田恭子さん「ふふっ(笑)・・・堺さん、 頑張ってください」

堺正章さん「よ~し、いくぞっ!味付けるぞ、みたいな」

枡田絵理奈さん「頑張ってください巨匠」

ということで、味付けへ。

堺正章さん「恭子ちゃん、ワンちゃん飼ってるんだよね。」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「種類は何ですか?」

深田恭子さん「トイプードルなんですけど、 その中でも、ティーカップサイズのプードルですね」

堺正章さん「ティーカップ?」

深田恭子さん「赤ちゃんの頃は、ティーカップに入る大きさだったんです」

堺正章さん「いや~、お名前は?」

深田恭子さん「メロンパンナちゃんです」

枡田絵理奈さん「かわいい~」

堺正章さん「テレビじゃなかったら張り倒してるところだ。 そのくらいかわいい」

枡田絵理奈さん「もちろん、『アンパンマン』の、 あの、メロンパンナちゃんですよね?」

深田恭子さん「そうなんです、はい。 『アンパンマン』が好きで。 お手とおかわりも、メロパンチ、 メロメロパンチってやってます」

枡田絵理奈さん「かわいい(笑)」

堺正章さん「テレビじゃなかったらね・・・、 いってますよ、僕は。何?」

深田恭子さん「メロンパンナちゃんの攻撃技が、 こうやって、メロメ、メロンパンナの メロメロパンチってやって、みんなが メロメロメロ~ってなるんですけど」

堺正章さん「なるんだ」

深田恭子さん「その攻撃技がかわいくて、大好きで、 うちの子にもそうやって。 なんか、お手とおかわりとかって 言葉があんま好きじゃなくて」

堺正章さん「うん」

深田恭子さん「メロパンチ、メロメロパンチって」

堺正章さん「仕草がかわいいんだ?」

深田恭子さん「毎日うるうるしちゃいます。 かわいすぎて。幸せだなーって」

堺正章さん「こんな子に出会えて?」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「そりゃ、ボーイフレンドできないわ」

スタジオ笑い」

深田恭子さん「(笑)」



続いての工程は、ナスを加熱。



堺正章さん「今度、恭子ちゃん主演のね、 ドラマがまたはじまるんですよ。 来週の金曜日から」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「専業主婦探偵って、 どっちなんだよっていう話です。 専業主婦でありながら、探偵なの?」

深田恭子さん「探偵になって、」

堺正章さん「で、何をされるんですか?」

深田恭子さん「その回によっていろんな 事件があって、『芹菜』なりの 解決の仕方で一生懸命解決していく感じですね」

堺正章さん「おー、他には出演者どんな方が いらっしゃるんですか?」

深田恭子さん「藤木直人さんや、桐谷健太さん、 そして、古田新太さん」

堺正章さん「豪華な顔ぶれで」

深田恭子さん「はい」

堺正章さん「来年はまた忙しいんでしょう?大河(大河ドラマ)もやるんでしょう?」

深田恭子さん「そうですね。もう撮影に入ってますね。」

堺正章さん「平清盛の奥様?」

深田恭子さん「はい。平時子役です」

堺正章さん「で、また、探偵をやるんですか?」

深田恭子さん「はい」

スタジオ笑い。

堺正章さん「探偵はないだろ?(笑)大河は」

深田恭子さん「あっ(笑)」

枡田絵理奈さん「平時子さんは探偵はしないですよね」

深田恭子さん「そうですそうです。はい(笑) あ、あの・・・、時子になったり、探偵になったりっていう・・・」

堺正章さん「あー。ちょっとね、会話にズレがあって申し訳ない」

スタジオ笑い。



続いての工程は、重ねて焼く。

揚げたナスとトマトソース、チーズを重ねていきます。



堺正章さん「恭子ちゃんねぇ、ナスのグラタン作るっていうんで、 家で作ったらしいよ、一回」

枡田絵理奈さん「えーっ!?」

深田恭子さん「はい、作ってみました」

枡田絵理奈さん「すごーい!」

堺正章さん「偉いね、あなた。どうだった、出来上がりは?」

深田恭子さん「あ、すごく美味しくできました」

堺正章さん「うわっ、まずいな、そりゃ」

枡田絵理奈さん「深田さんは、芸能界の お友達というと」

深田恭子さん「黒木瞳さんのお家に遊びに行かせていただいたりとか、」

堺正章さん「黒木さんの手料理とかも 食べるんですか?」

深田恭子さん「あ、はい。おいしいし、手早くて、」

堺正章さん「美味しいお料理食べたあとは、なんて言ってあげるの?」

深田恭子さん「『おいしいおいしい』私、おいしいって すごい何回も言っちゃうんですね。食べてる時」

堺正章さん「美味しいをたくさん言ってあげんの?」

深田恭子さん「はい、言います」

堺正章さん「そういう時はね、一言、『星3つです!』」

深田恭子さん「勉強になりました」

枡田絵理奈さん「(笑)」

堺正章さん「ちょっと言ってみなさい」

笑って首を振る深田恭子さん。

堺正章さん「何。言いなさいよ」

深田恭子さん「恥ずかしい・・・(笑)」

堺正章さん「恥ずかしいじゃないのよ。 毎週言ってんのよ、あたしゃ」

深田恭子さん「(笑)」

枡田絵理奈さん「確かにそうですね(笑)」

堺正章さん「さぁ、これを」

ということで、

オーブンにグラタンを投入。



堺正章さん「美味しくなって帰ってきて下さい。 恭子ちゃんからもひとこと」

深田恭子さん「はい。美味しくなって帰ってきて下さい」



見事に完成。

ふつふつと沸くグラタン皿。

深田恭子さん「うわー」

堺正章さん「チーズずいぶん使ったね今日」

深田恭子さん「はい」

最後に、粉チーズとバジル?を振って完成。



一同「いただきます」

深田恭子さん「うーん!」

堺正章さん「来ちゃったよ」

深田恭子さん「うーん!」

堺正章さん「どう?」

深田恭子さん「すごく美味しいです」

堺正章さん「ご自分で作ったのとはずいぶん味違う?」

深田恭子さん「いやぁ、もう、全然違います。」

堺正章さん「良かった、良かったー」

深田恭子さん「おいしーい。」

堺正章さん「やっぱり、せっかく、みんなで作ったんですから」

深田恭子さん「ほんとにあの、トロットロです。はい」

堺正章さん「あー、いいねー、チーズがね。 どうです?桝田くん」

枡田絵理奈さん「このナスの水々しさがこのまた チーズのこってりとした感じとなんかこう、 バランスが合っていて、すごく美味しいんですけど、 ちょっとナスがしょっぱくも感じるところも 一部ないですか?」

堺正章さん「音声さん、ちょっと桝田くんの マイク切っといて下さい」

深田恭子さん「あ、あたし、 ちょうどいいナスにあたったのかもしれないですね」

枡田絵理奈さん「そうかもしれないですね」

深田恭子さん「すごい美味しいです」

枡田絵理奈さん「すごい、塩が一か所に かかってたの、私は目撃しまして(笑)」

堺正章さん「それがあんたのとこ行ったんだよ(笑)」

枡田絵理奈さん「そういうことかもしれない(笑)」

堺正章さん「あんたツイてないんだよ。 恭子ちゃんは最高だっていうんだから。 で、こうなると、やっぱりワイン(白ワイン)で乾杯でしょ。」

枡田絵理奈さん「そうですね」

乾杯しながら、

堺正章さん「どうも、どうも、今日はご苦労様。 ありがとうございます」

深田恭子さん「お疲れ様です」

堺正章さん「どうも、桝田くん、余計なことしゃべんないようにね」

白ワインを飲んで、

深田恭子さん「うん。またこう、ワインを飲むとね、 チーズとワインでやっぱり美味しいですね」

堺正章さん「私はさっきサンプルをお見せしましたよね。 星3つです!星2つ半です!とかちょっと ためこんで言っていただけると」

深田恭子さん「うー」

堺正章さん「苦痛ですか?」

枡田絵理奈さん「それでは、今夜のナスのグラタン、 星いくついただけますでしょうか?」

深田恭子さん「はい。星3つで~す!」

堺正章さん「全然違うじゃない(笑)かわいかったね(笑)いただきました。 星3つですっ!」

がっちり握手。

堺正章さん「いいねー。星3つです」

枡田絵理奈さん「かわいかったですね」

堺正章さん「もうちょっと、ためて。 星3つですっ」

深田恭子さん「(笑)」

堺正章さん「ちょっと言ってみて」

深田恭子さん「えー(笑)」

堺正章さん「星、いくついただけますか?」

顔をナプキンで隠しながら、

深田恭子さん「星3つですっ!」

一同笑い。

堺正章さん「ありがとうございました(笑)」



(2011/10/15放送 TBSテレビ「チューボーですよ!」より)


↓↓見逃したTBS番組はU-NEXTで視聴できることがあります!!

リンクフリー。無断転用・転載は禁じます。誤字脱字等がございましたら、お知らせ下さい。言行録について