優木まおみさんの言行録 「ドラマチックな苦労話 ドラクロワ」より(2011/10/21)

優木まおみさんの言行録
「ドラマチックな苦労話 ドラクロワ」より(2011/10/21)

芸能人地図帳 優木まおみさんのプロフィール


【フジテレビオンデマンド】
フジテレビの過去の番組がネットで簡単に見られます! 1か月の間に解約すれば無料です!
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】
その他話題の動画配信サービス!
どちらのサイトもお試し期間中に退会すれば無料で試すことができます!

Hulu
U-NEXT
dTV

番組司会は、森三中さん。

スタジオゲストは、優木まおみさん、岡本夏生さん、

岡本夏生さんは、超ミニスカートで登場。
村上知子さん「岡本さんすごい衣装が」
岡本夏生さん「今日は、気分は、AKB(AKB48)に 負けないように。10代のような、この太ももを出して、 これは、NHK的にはぎりぎりのラインですね(笑) これ以上、見えちゃう」
大島美幸さん「ちゃんと色の濃いタイツを履いてらっしゃる」
岡本夏生さん「ひざ小僧がね、年齢が出ちゃうんですね(笑)。 やっぱ、首とひざ小僧、ポイントでございます」
村上知子さん「優木さん、今日、はじめてですけど」
優木まおみさん「はじめてです~」
村上知子さん「『ドラクロワ』知ってますか?」
優木まおみさん「いやいやいや、ちょっと・・・今回、何回目?ですか?(笑)」
大島美幸さん「あれ?見たこと無いということで、 ありがとうございます」
優木まおみさん「新たな気持でね、フレッシュに」

番組では、日高悦子さんのエピソードを紹介。

4歳の時、父が交通事故で職を失う。
酒に溺れ暴力をふうるようになった父。
母は耐えられず、子供たちに何も言わずに家を出た。
父方の祖父母に預けられた子供たち。
祖父母の家は、収入が少なく、
日高悦子さんは、農作業の手伝いや、新聞配達を。
高校を奨学金とアルバイトで卒業。
19歳で上京。
働きながら専門学校へ。
旅行代理店に入ったものの、雑用係。
そして、フリーターだった彼女は、
テレビで偶然流れてきた、CMを見た。
平均年収1020万円と表記されていたCM。
ボートレースの世界へ。
厳しい訓練を経て、
過去2度の日本一。
生涯獲得賞金は7億5000万円以上。

VTRの途中でスタジオトークに。
岡本夏生さん「見入っちゃいましたね」
優木まおみさん「私たまたまなんですけど、 ボートのお仕事をしてたことがあって、 日高さんにお会いしたことが何度かあるんですけど、 ほんとに素敵な方ですごい、こう強くて。 ああいう苦労された幼少時代があって、 たまたまの偶然でそうやって なられたって知らなかったので、すごいびっくりしました」
岡本夏生さん「私と年はあんまり変わらない・・・ やっぱりアラ50がんばってますね。 」
大島美幸さん「50(歳)ってでも、 すごいことなんじゃないですか?」
優木まおみさん「すごいですよ。現役の選手で50歳っていうだけで」
岡本夏生さん「普通だったら50っていったら、 更年期障害とか、生理も上がったりとかいろんな 体の変化が50って一番出てくる。 これから50を迎える私たちが、 いろいろ希望が持てるんですよ。 まだ頑張れるんだ、と」

さらに、母親と再会した日高悦子さんのVTRが続きました。
ボートレースで成功した日高悦子さん。
しかし、母への思いは消えない。
商店街でたまたまくじをひいた。
「特賞」旅館の宿泊券が。
そして、その旅館を見ると、
偶然にも母が住む街だった。

そして、母の家を尋ねた。
37年ぶりの再会。
母は涙を流しながら、当時のことを語り始めました。
家を出た時、子供も連れて行きたかったが、
夫の両親から「連れて行かないで」とすがられて、諦めた。

悦子さんの活躍を陰ながら応援しながらも、
今さら会えない、と思ってきた母。
部屋にも、母と自分と兄の写真が。

「私たちのことを忘れないでいてくれたんだ」

母と再会したこの年、女子選手のMVPに輝いた。

日高悦子さん「世の中には偶然って いっぱいあると思うんですけど、 偶然かもしれないけど、それを自分で つかみとることが大事だなと思います。 全部、無駄ってことはないなと思うし、 ちょっとしたことで、すごい人生って 変わるなぁって思いますね」

以上、VTR
岡本夏生さん「なんか、自分の人生と重ねながら見てました。 やっぱこう、どんな時もあきらめないで、 前を向いて行かなきゃいけないんだけど、 やっぱり、仕事は来ない(笑)。10年間来ない。 電話が鳴らない。もうやめたほうがいいんじゃないかっていう ところで、ぎりぎりまで私も、追い込まれての、 今、NHKですよ」
村上知子さん「奇跡のこのNHK」
岡本夏生さん「ここに降り立ったっていう、そういう今、心境ですから」

優木まおみさん「日高さんも言ってたみたいに、やってて 無駄なことがないんだなと思うのは、 私、芸能活動はじめてすぐって 歌をやってたんですね。知らないと思うんですけど、」
大島美幸さん「知らなかった」
優木まおみさん「全く売れなくて。電気屋さんの前の植え込みで お客さん2人とかで歌ったりとか。 ずーっとしてて、で、そのライブを見てくれた人の中に、 写真集を出したいという、出版社の副社長の人が たまたま来てて、で、『この子グラビアやったらどうかな?』って 言ってくれて、25(歳)の時に、グラビアデビューしたんですね。 森三中さん「へー!」
岡本夏生さん「何も無駄はないって、言ってますけど、 もう、人生捨てる所なんて、一秒たりともない。 今日の『ドラクロワ』の収録も、 いっぱい撮って捨てる所はいっぱいありますよ。」
一同爆笑。

「今すぐできる簡単女子力UP」のコーナーは、

「体感を鍛えて美しく」

アリマックスさんがスタジオ登場。

アリマックスさんが腹筋を披露。
その割れ具合に一同驚き。
アリマックスさんの腹筋を触って、
優木まおみさん「すごい!すごいすごいすごい!」

タオルを使ったエクササイズで、
後ろからタオルを持って前に回転させるエクササイズをやって、
優木まおみさん「もげるもげる!腕がもでます!」

さらに、バランスボールを使ってのエクササイズ。

岡本夏生さんがバランスボールをやっていると、
大島美幸さん「後ろからケツ丸出しでしたよ・・・」

バランスボールに乗って、腰を回す動きを。
大島美幸さん「いやらしいですね、これ」

(2011/10/21放送 NHK総合テレビ「ドラマチックな苦労話 ドラクロワ」より)

↓↓見逃したNHK番組はU-NEXTから視聴できることがあります!!

リンクフリー。無断転用・転載は禁じます。誤字脱字等がございましたら、お知らせ下さい。言行録について