羽野晶紀さんの言行録
「ごきげんよう」より(2010/10/15)

キーワード「羽野晶紀」をAmazonで検索してみると・・・
芸能人地図帳 羽野晶紀さんのプロフィール

羽野晶紀さん「お久しぶりです」

小堺一機さん「おかわりなく、相変わらずきれいでございます」

井上順さん「お子さまを産んでもねますます綺麗になってくって言うのはステキなことだよね」

握手を求める羽野晶紀さん。

小堺一機さん「やっぱり愛されてらっしゃるんですね」

羽野晶紀さん「いやいや・・・」



「私のヤセガマン」というテーマで



羽野晶紀さん「『本当は犬を飼いたい!だけど!レンタルにする』今子供たちもほんとに犬が飼いたくて、 もう何回もペットショップに見に行くんだけど。いろんな犬がいて、もう子犬がどれもかわいいんですよ。 だけど、おっきくなるまで飼わないといけないし、責任もって飼わなきゃいけないから、 なんの犬にするか毎回悩むんですよ。なので、成犬になったのをレンタルしてみて、 どれが相性が良いとかっていうのを試してみようかっていうので、 2回ぐらいレンタルしてみたんですよ。」

小堺一機さん「でもかわいくて返すときにいやだーっとか言わない?」

羽野晶紀さん「そうなんです。何時間か一緒にいて、おやつあげたりお散歩したりすると、 もう愛情がうつっちゃって、返すときにみんな泣いちゃって。離れたくないって なっちゃから、ちょっと失敗かなっていうのもあるんですけど。で、結構レンタルに はまっちゃって。いろんなものがレンタルできるっていうのが、子どもができてわかって。 例えば、ベビーベッドとかお風呂に入れるタライだとかは、その時しかいらない 物だから、レンタルで全然いいじゃないですか。そんなものもあったし、 あと、子どもがピアノをはじめて、ピアノもレンタルできるんです。 長く続くかわからないし、すごい高価なものじゃない。なので、すぐに買わないで、 まず一年とか二年レンタルしてみて」

小堺一機さん「主婦の知恵ですよね」



サイコロトーク「もう大変!!」というテーマで



羽野晶紀さん「もう大変なのが、うちの旦那さんですね」

会場から「あー」

小堺一機さん「みなさんも、あーって。いろんなこと知ってんですか?(笑)みなさん。元彌(和泉元彌)さん何が大変なんですか?」

羽野晶紀さん「すんごいヤキモチ焼きなんです」

小堺一機さん「あ、前もおっしゃてた。まだ。」

羽野晶紀さん「ここ最近は、最近、みっつぐらい立て続けに、ダイヤモンドユカイさんとご一緒するお仕事が続いたのに、 それで、結構不思議な方じゃないですか。プライベートよく分かんないというか、なんか、ね。 それで、収録してない時とかも楽屋でね、いろいろお話してると、ほんとに根っから面白いの。 それで、お家に帰ってから『あの人ほんとに面白いよ。楽屋でも面白いし、スタジオでも 面白いから、ほんとはすっごい賢いのかも』とか、そういう感想を、お家に帰ってから、 今日のお仕事こんなんだったっていうような話じゃないですか。 それなのにだんだん機嫌が悪くなってきて、『お前、今度結婚するなら、ダイヤモンドユカイと結婚すればいいんじゃない!』とか 言うんですよ。偶然三回続いてね。そう、・・・迷惑でしょ」

小堺一機さん「でも、ちょっと嬉しくないですか?」

羽野晶紀さん「たまにならいいですよ。でも、日々そうなんです。例えば、こないだは お友達にホームパーティーにさそわれて、その日新しくたこ焼き器を買って、 で、関東の方なので、使ったことがなくって、『晶紀さん、関西の人だから、たこ焼き焼いた事あるでしょう』と。 なので、『ぜひ来てたこ焼きみんなで食べましょう』って呼ばれたわけですよ。それで、また お家に帰って、『今日ね、たこ焼きパーティーがあって、呼ばれて行ってみんなで食べて』みたいな 話をすると、『そこの家の旦那さんはお前が作ったたこ焼きを食べたのか』って怒るの 」

小堺一機さん「怒るんだ。大好きなんだね。晶紀ちゃんのことが、ね」

羽野晶紀さん「たこ焼きをこうやって(アーンして)食べさせたわけじゃないじゃないですか。ただ焼いただけですよ。」

小堺一機さん「でも、悔しいんだよ」

羽野晶紀さん「え・・・」

小堺一機さん「嫌なんですよ。きっと」

羽野晶紀さん「あぁ、そうですか・・・」

小堺一機さん「だから、今日も帰ったら、『小堺さんつまんなくて』って言ってね。」

羽野晶紀さん「えぇ?ほんとに?」

井上順さん「結局、オノロケをきかされてるみたい」

平山あやさん「そうです。うらやましいですよ。それは」

小堺一機さん「あやちゃんなんか、ヤキモチ焼いてくれる旦那さんなんかいい?」

平山あやさん「絶対いい。うらやましい。」

羽野晶紀さん「毎日ですよ。ほんとに。面倒くさいったらありゃしないですよ」

平山あやさん「だって、言われないですからね」

羽野晶紀さん「今日も絶対言われるんですよ。スカートが短いからとか。こんなに隠してててもよ。ウェストがキュってなってたりとかしたらもう大変」

平山あやさん「えー?」

羽野晶紀さん「誰に見せるんだ、と」

平山あやさん「すごーい」

羽野晶紀さん「お家にいる時には体の線が出る服を来てたら、ちょっと来いっていって、鏡の前とかに連れていかれて、 見てみろ、こんなにセクシーなラインが、外の人が見たら大変だから、絶対こんな格好外でするな、とか」

小堺一機さん「・・・・・・(笑)。だから、もう愛されてるんじゃないですか。もういいですか、この話」

羽野晶紀さん「もう一個、例えば、今日は収録があるから、いつもよりきれいにしてるでしょ。家にいるより着飾ってるじゃないですか。 それで、家に帰って見たときに、お前可愛いじゃないかって言って、怒ったりする・・・(笑)」

会場から「ヒュー」

羽野晶紀さん「大変なんですから(笑)」



(2010/10/15放送 フジテレビ「ごきげんよう」より)


↓↓見逃したフジテレビの番組はフジテレビオンデマンドで視聴できることがあります!!

リンクフリー。無断転用・転載は禁じます。誤字脱字等がございましたら、お知らせ下さい。言行録について