平山あやさんの言行録
「はなまるマーケット」より(2006/8/30)

キーワード「平山あや」をAmazonで検索してみると・・・
芸能人地図帳 平山あやさんのプロフィール

「(仕事は)バラエティ番組は多いですね」

「(ホリプロスカウトキャラバン)あたしの時は『女優誕生』っていうテーマだったんですよ。 なので、お芝居がメインの募集だったんですけど、グランプリをいただいて、 ドラマと映画の出演が決まってて、そこから。バラエティとかやれると思ってなかったんで、 マネージャーさんが、変わった途端、バラエティが多くなって、今に至ります・・・」

「(おめざは栃木県、愛月堂本舗中央店さんの『五峰餅』)ちっちゃい頃から、 ずっと食べてて、家の近所にあるんですよ、お店が。中学校の同級生の家がやってるんですよ、お店を。 いつも母が東京に来るときに持ってきてくれる。気づいたときから食べてるので、5歳とか、それぐらいから たぶん食べてます 」

「(温泉は)意外と、地元の人は入らないですよ」

「(お母さんから)今、あたし一人暮らしで、 母、栃木いるんですけど、半端じゃないんですよ。心配性なところが。 メールがしょっちゅう来るんですよ。 (体調はどう?などのメール)(返信)返さない時あるんですね。そうすると返信が来るまで、 送ってくるんです」

「お母さん、結構テレビ好きなんですよ、出るのが」

「普段とかも、月1ぐらいで、(母が)東京に来るんですけど、見に、様子を。 その時に、休みがあれば、買い物とかも一緒に行くんですよ。 で、あたしの服とかもたまに着ていくんですよ。 貸してあげたりするんですよ。原宿とか2人で歩くんで、 目撃とかされるんです、友達とかに。 『あsの、隣にいた人はおねえちゃんなの?』って言われる。 だから、格好はあたしがすきなのと似てるので、あたしが、着ない服とかをあげたりとかするんですけど。 (母はその服を)着てますね 」

「お姉ちゃんがいますね。最近、結婚して、ちょっと前に赤ちゃんが生まれて、 お母さん、今、あたしばっか心配してたんですけど、 孫が出来たから孫の世話が大変だったり、楽しかったりするんで、 だいぶ減ったんです。これでも。メールとか、連絡とかも。 ずっと子離れしてないんですよ。 あたし、もう22(歳)なのに、私地震はもう大人になったつもりなんですね。 一人暮らしも出来るし、1人でゴミも出せるし、洗濯もできるし。 全部を心配するんですよ。『掃除したのか、ご飯食べたのか』とか『ゴミだししたのか』とか 『郵便見てるのか』とか『ちゃんと支払いしなさい』とか、すっごい言われるんですよ。 やってます。大丈夫ですからね」

「家とかに連れてくるんですよ。(私の)友達を。 その時にお母さんが、東京に来てたりすると、ご飯を作ってくれたりして、 『友達来るんだったら、いっぱい作っちゃおう』みたいな感じで作ってくれて、 来て、食べたりして。それに混ざってしゃべったりしてて、 私抜きとか普通に盛り上がったりするんですよ、友達と。高校時代から、ずっとそうで、 高校の友達とかも家に連れて行ったら、一緒になんか、普通に女子高生みたいな感じで、 盛り上がってるんですよ。 あたしの友達なのに、自分の友達かのように、恋愛話とか。最近はしてないみたいですけど、 『メールアドレス交換しよ』とか言ってるんですよ。すごい変わってませんか?うちのお母さん 」

「あたし、ほんとにキャベツが大好きなんですね。 昔から、よく食べてたんですけど、キャベツを1日1個とか食べるんですよ。(生のまま) でも夜ご飯になったりするときもあって、1個を。 1日1個食べちゃうと、毎日スーパー行くのも大変なので、 まとめ買いするんですよ。キャベツを。この時も3,4個。あたし、 3年ぐらい前に気づいたんですけど、1日1個食べてて、 したら、胸が5センチも大きくなったんです。 ほんとなんですよ。しかも、ダイエットとかにもなるんですよ。 (おいしいキャベツの見分け方)(葉っぱが)開いてる感じ。あと、重さですね。 いっぱい詰まってるほど、甘くておいしい。 ほぼ毎日(食べる)。それが、飽きないんですよ。 生が多いんですよね。ちぎって、食べるんですけど、ごま油とか、塩をちょっとつけて食べたり、 マヨネーズつけたり、マヨネーズとごま油いっしょに混ぜたこともあるし、ポン酢とマヨネーズつけたこともあるし、 いろんな味になるので、炒めないで、生で食べたほうが効きそうじゃないですか、体に 」

「料理しますね。基本的に外食よりも、家で食べるほうが好きなんですよ。 作って、ちゃんと。なんで、スーパー行って、その日に食べたいものを選んで、煮物とか 炒め物とか、味噌汁とか。ご飯炊いて食べてます 」

「整理整頓はだめですね・・・。引っ越したばっかりなんですね。最近。それもあって、 途中なんです。3か月ぐらい経つんですけど。あたし几帳面じゃないんです。あんまり。 本とか読んでもどんどん積み重なってって最後に自分で悲しむみたいな。服とかもそうなんです。 ゴチャゴチャしてたほうが好きなんですよ・・・ 」

「(家具は)母、勝手に選んできて、『これ、買おうよ』みたいな。 それで、おととい電話があったんですよ、冷蔵庫入れるために幅を図っとけって言われて 」

「(茶豆)うちの犬です。 2か月ちょっと前に買った犬なんですけど。変な名前がいいなと思ってて、 友達と相談してたんですよ。目の上が丸いのがついてるんですよ。 それと、ころころしてる、ちっちゃくて。だから、あたしが好きなマンガで 主人公が茶豆が好きな人がいるんですよ。それもあって、茶豆ってかわいいじゃんと思って、 茶豆にしました。頭が良くて、お手とか、おかわりとかすぐ覚えました 」

「(好きなタイプは犬っぽい人)そうなんですよ。雰囲気とか、 性格とか犬っぽい人がいいんです。無邪気な感じで、少年ぽいんだけど、 心は大人みたいな。見た目も犬っぽいのがベスト。ドーベルマンとかよりは、小型犬な感じがいいです。 (芸能人でいうと)ミスチル(Mr.Children)の桜井(桜井和寿)さんです。笑顔もぽしゃって感じ、犬っぽいじゃないですか。 難しいじゃないですか。(そういう人)いないじゃないですか。あたしは、絶対いつか出合うと思って、 夢見てきてるので・・・。 (男性のタイプについて)おかあさんうるさいんですよ(笑) 」

「(映画『バックダンサーズ』)初めての映画で、ダンスをしたんですよ。 なので、入る3か月前ぐらいから1日6時間くらいダンスレッスンをして、 すっごいレッスンして・・・。すっごい全身筋肉痛で、どんどん積み重なって、 披露骨折手前ぐらいまで行っちゃったんですよ。病院通いながら、『今日踊ったら、折れます』って言われながら 、6曲ぐらい踊らなきゃいけなかったので、時間もないし、必死に覚えて 」

「(hiroさん、ソニンさん、サエコさん)レッスンとかを、 撮影の2か月ぐらい前からレッスンを一緒にやってたので、3か月以上ずっと一緒にいたので、 すごい仲良くなって。体動かすことは好きだったんですけど、 音楽に合わせて、踊るっていうのは全くしたことなかったので、 4人で踊ることがほとんどだったんですよ。なので、間違えちゃいけないし、 っていうプレッシャーもあって、でも必死に覚えて、みんながそれぞれ、辛いこととか一緒に乗り越えてきたり、 ケガしたときとかも支えあってきた仲なので、プライベートでもほんと仲良くなって。 撮影中に早く終わった日とか、ご飯食べに行ったり、ディズニーランドに遊びに行ったりして、 撮影終わってからも、カラオケ行ったりとか、ご飯食べに行ったりとか。 連絡は取り合ってます 」

2006/8/30放送 TBSテレビ「はなまるマーケット」より

↓↓見逃したTBS番組はU-NEXTで視聴できることがあります!!

リンクフリー。無断転用・転載は禁じます。誤字脱字等がございましたら、お知らせ下さい。言行録について