ほしのあきさんの言行録
「おもいっきりDON!」より(2009/7/9)

キーワード「ほしのあき」をAmazonで検索してみると・・・
芸能人地図帳 ほしのあきさんのプロフィール

【フジテレビオンデマンド】
フジテレビの過去の番組がネットで簡単に見られます! 1か月の間に解約すれば無料です!
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

「DONどバレ 私の秘密」というコーナーにほしのあきさんが登場。



中山秀征さん「32歳。驚異の若さ。どうやったらこうなるの?」

ほしのあきさん「いや~。どうなったんですかね」

徳光和夫さん「普通、君のようなタイプは年ごまかすだろ?」

ほしのあきさん「最初はごまかしました。最初。1こだけごまかしましたけど、30近くなった時に、 ごまかさない方がいいんじゃないかって」



「おっぱい全開でレッドカーペット」

(編注:6/8に行われた「トランスフォーマー/リベンジ」のイベントのようです。)

胸が大きく開いた服でレッドカーペットを渡ることに・・・。



ほしのあきさん「ほんとにぎりっぎりでスタイリストさんがヒヤヒヤして、『大丈夫だった?』って・ 久々にあんなに危機を感じた衣装でしたね。一生懸命(服が落ちないように)あげないと、どうなってるんだろう、みたいな 」

夏目三久さん「半分以上(胸が)出てますよね・・・」

中山秀征さん「夏目、あの気持ちがわかるの?」

夏目三久さん「出たことない・・・。(胸を)出そうと思ったこともないんですけどね」

中山秀征さん「あれが危機を感じた?」

ほしのあきさん「久々に危機を感じました。昔、始球式をやった時も、ギリギリになったことがあったんで、あれ以来の」

中山秀征さん「ボールを投げたら、ボール(胸)が2個出てきちゃったという(笑)。伝説のあの始球式ですよ」

ほしのあきさん「あの支給しき以来危機を感じた衣装だったんですけど」

中山秀征さん「そっかー。でも、いつまでも挑戦していく、という」

ほしのあきさん「そうですね。出しとかないとさがっちゃいそうな気もするし」

中山秀征さん「ケアが大変だそうです。重力が」

ほしのあきさん「そうなんですよ。ちゃんとエステにも。ホームケアもするし、あと、肉が横に流れちゃったりするので、 それを取るために、針治療もあるんですよ。それをすると、重みも出るし真ん中にも寄るし」

夏目三久さん「努力されてるんですね。やっぱり」

ほしのあきさん「やっぱり、見られることって大事じゃないですか。自分だけじゃだめなので、誰かに見てもらわないとい けないので、熊田曜子ちゃんと一緒にマッサージとか、溶岩浴行ったときに、二人でこう裸になって、垂れてないかチェッ クをよくするんですよ。で、『危なくなったら言おうね』って。『まだ大丈夫だよね』って、二人でチェックし合って ク」

中山秀征さん「じゃ、熊田曜子ちゃんの状態もいいんですか?」

ほしのあきさん「いや、最高です。最高です。ほんとに最高なきれいな状態を保ってます」

中山秀征さん「逆も?」

ほしのあきさん「そうです。見てもらって、まだ大丈夫って」

中山秀征さん「そういうことって、女の子どうしってやるの?」

夏目三久さん「いや、やったことないです。私は隠す一方です。恥ずかしくて、できないですけど」



中山秀征さん「実は、胸囲としてはそんなに?細いんですよね?」

ほしのあきさん「そうですね。この辺(アンダー)は60(センチ)ぐらいしかないので」



ほしのあきさんがお気に入り、という「ボブソンズ」さんの「アップルパイ」が登場。



「ひそにあきのヒ・ミ・ツ」は「実はバスと76センチ」



夏目さんの方を向いて、

中山秀征さん「76って言ったら?」

夏目三久さん「私はいいですよ」

中山秀征さん「比較対象だから」

夏目三久さん「ま、たぶん、それぐらいでしょうね・・・」

ほしのあきさん「私、今はFカップないんですけど、Eカップぐらいになっちゃったんですけど、Fカップで見ると、 裏が88センチって書いてあったんですよ。実際に測ると76ぐらいしかなくって。で、プロフィール上グラビアアイドル、 76って、うん?って。だから、ちょっとこれはブラジャーの裏のサイズを見て、88って書いてあることは 嘘ではないから、こっちにしようっていうことにして、88って書いたんですけど、 ちゃんとメジャーでここ測ると、76ぐらいしかないんです。で、あとここの、アンダーがないんで。 アンダー60ぐらいです。」

中山秀征さん「この差がいわゆるバスとの大きさに?アンダーとの差は?」

夏目三久さん「もう、いやいやいや、いや、あたしは貧相なもんです」

中山秀征さん「まおみんも?」

優木まおみさん「私、79センチぐらいあるんですよ。トップが。アンダーとの差がないんですね・・・」

ほしのあきさん「子供の時と(アンダー)変わってないんですよ。ここが。」

中山秀征さん「ここだけ出てきて?」

ほしのあきさん「ここだけ出てきて(笑)」

中山秀征さん「ボインダーみたいですね」

徳光和夫さん「30過ぎてもですか?」

ほしのあきさん「30すぎては、もう大きくなんないけど、20後半からどんどん聖教して、大きくなって、最高Hカップまでい ったんですよ。(20代)中盤から後半にかけて」

それを聞いて、優木まおみさんと神戸蘭子さんは喜んでいました。



ほしのあきさん「25歳ぐらいからHカップまで」

夏目三久さん「勇気づけられます」



つづいてのヒミツは、「音痴なのにデビュー」



ほしのあきさん「これ、ほんとに、ほんとに、あたし恥ずかしいんですけど、『にゃぁあ!』という、ニャーニャーニャー ニャー言ってて、歌詞の内容がエロいネコなんですよね。ニャーニャー言ってて、いやー恥ずかしい。4年前に出させてもら ったんですけど、 音痴なんで、歌つなぎあわせ、あわせてもらって、よく、うまく聞こえてるんですけど。」

中山秀征さん「100枚ください」

ほしのあきさん「ありがとうございます。ニャン」



ほしのあきさんの宝物は「愛犬」



中山秀征さん「何て言うの?」

ほしのあきさん「愛犬の小豆ちゃんなんですけど、これは、一応Tカッププードルって言うんですかね。 トイプードルなんですけど」

中山秀征さん「芸はできるの?」

ほしのあきさん「あ~ちゃん、できるよね。ぐるん、はいタッチ(あずきちゃんが緊張したため失敗)」

徳光和夫さん「なんで小豆ちゃんって言うんですか?」

ほしのあきさん「あたし、あんこが好きなんですよ。そっから、小豆にして」

徳光和夫さん「うちの孫娘、今度犬飼う時に、名前の候補の一つが小豆だったんですよ」

ほしのあきさん「じゃあ、同じ名前に、ぜひ。」



ヒミツ「小豆は深田恭子と姉妹」



ほしのあきさん「福田恭子ちゃんと姉妹じゃなくて、深田恭子ちゃんが飼っているメロンパンナちゃんっているんですけど 、メロンパンナちゃんとお父さんが一緒で。で、恭子ちゃんのわんちゃんを見て、すごいかわいいなと思って、 ペットショップに見に行って。で、この子の親っていたんですけど、」

中山秀征さん「じゃ、久しぶりにスタジオで再開することもあるわけ?」

ほしのあきさん「再開することもあるし、ほんとに、今はあれですけど、子供の時、おんなじ顔で、どっちがどっちか わかんないぐらい。やっぱり、兄弟だから似ていて」

中山秀征さん「ペット入れていいお店とか、入れちゃいけないお店とかあるでしょ?」

ほしのあきさん「犬OKをほとんど調べて。恭子ちゃんと一緒にわんちゃんのお店に一緒にご飯食べに行ったりしてます」

徳光和夫さん「ペットショップで買うの?」

ほしのあきさん「ペットショップです」

夏目三久さん「かわいい小豆ちゃんの写真集(「あ・き・あ・ず・き」)が発売されているんですよね?」

ほしのあきさん「そうなんです。7月1日に発売されたんですけども、今回ですね、イベントも7月1日に午後3時から、 銀座の福家書店でやるんですけども、そん時は小豆も一緒に来て、もう、小豆の方が(写真が)意外と多いんですよ。」

中山秀征さん「ショットとして?」

ほしのあきさん「はい。ショットとして。こういうのも買えるようになってるんですよ。この写真集の中で(洋服が)」

中山秀征さん「ファン層も幅広いですよ。」

ほしのあきさん「ほんと、ありがとうございます」

中山秀征さん「10代で、苦労してるからね。」

ほしのあきさん「はい」

中山秀征さん「ずっと売れてる気がするけれども、若いときは結構苦労して、自分で出版社回ったりだとか」

ほしのあきさん「そうですね」



(2009/7/9放送 日本テレビ「おもいっきりDON!」より)


↓↓見逃した日本テレビドラマはhuluで視聴できることがあります!!

リンクフリー。無断転用・転載は禁じます。誤字脱字等がございましたら、お知らせ下さい。言行録について